扇子の特徴と魅力について

扇子は日本に古くからある伝統的な工芸品というイメージもありますが、最近はカジュアルなものも増えて手軽に親しまれるようになりました。様々な種類があり職人が伝統ある技術をいかして素材にもこだわり1本ずつ手作りしている高価なものから、簡単な素材や作りで手に入れやすいものなどたくさんあります。また利用する目的も色々ですが一般の人にはうちわ代わりに風を送って涼しさを得る道具として用いられることが多いでしょう。コンパクトに折りたためて持ち運びにも便利なのが魅力で、見た目も涼やかでデザインの種類も多くおしゃれなアイテムとしても選ばれています。扇子は年配の人が使うものという印象もあるかもしれませんが、最近は若い女性が使用している姿も多く目にするようになり、デザインの豊富さが目立ちます。扇子専門店も多数存在しオリジナルのものを注文し贈り物などにも人気があるようです。

育児に扇子は便利ですよ

夏の赤ちゃんに重宝するのが扇子です。うちわだと、柄の部分が危険ですが扇子ならば危険がほとんどなく、どんな月齢の赤ちゃんにも使うことができます。暑いときに仰ぐだけと思うかもしれませんが、それだけではありません。舐めたり、広げて遊んでみたり手で叩かせてみたりと、おもちゃとしての役割も十分に果たすことができます。柄物だったら、これなんだ?とコミュニケーションの一つにもなります。音が鳴らないので、公共機関を使って移動しなくてはいけないときなどにも大変便利です。ネット通販だと、たくさんの柄を見ることができ、子どもが喜びそうなあにまる柄なども見つけやすいでしょう。また大変安く売られているので消耗品として手に入れたいかたにはぴったりです。現在育児中のママだけでなく、これから出産予定の妊婦さんにも、ぜひお勧めしたいアイテムの一つです。

今年の夏こそ扇子デビュー

初夏のあたりからお店に並ぶ扇子。買ってみたいなーという気持ちはあるけれど、なかなか買っていない現状があるのではないでしょうか?扇子で仰いでいる姿はうちわよりも優雅で上品で女性らしくてオフィスなどにもぴったりです。通勤の電車の中でちょっと仰ぎたいときにも重宝しますのでぜひお気に入りの一つを見つけてみてはいかがでしょうか?オススメはいろいろな店を周るのではなく、ネット通販でたくさんの柄を見ることです。店頭だとどうしても数が限られてしまいますが、通販ならばたくさんの柄を見ることができます。花模様から金魚、アニマル柄など実にたくさんの種類があります。たくさん見てお気に入りの一つを見つけることが大事です。実際に手に持ってみなければ不安があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、サイズ以外は特に気にしなくても大丈夫でしょう。今年の夏はぜひ扇子デビューしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*